Hogrel 柔軟性の獲得を第一に考えられたマシーントレーニング

ホグレルは柔軟性の獲得を第一に考えられたトレーニング

身体を根本から変える、他にはない特殊なマシーン!

従来リハビリやスポーツ現場で行われていたトレーニングは、筋肉に大きな負荷をかけて緊張させたり、持続的に筋肉に力を入れ続けるトレーニングがほとんどでした。しかし、トレーニング後にしっかりとケアを行わなければ筋肉は固くなりやすく、怪我を治しているつもりが、怪我をしやすい身体を作ってしまうリスクもありました。

ホグレルのトレーニングは専用のマシンを使い、比較的軽い負荷で肩甲骨周辺や股関節周辺の筋肉をリラックスした状態で、繰り返し動かしていきます。筋肉をリラックスさせて繰り返し動かすことで、血流を促進しながら筋肉を柔軟にすることが出来ます。

horureru_05

ホグレルの3つのポイント

point1 関節可動域が改善 姿勢の良い体へ
point2 ムダな動作が改善されると循環の良い体へ
point3 姿勢のゆがみが改善されると動作の良い体へ

飛距離が伸び悩んでいる方へ

「ホグレル」では、ストレッチでは伸ばすことが難しい「肩甲骨」や「股関節」まわりのインナーマッスル(骨に近い深部に多い筋肉)を柔軟にすることで神経系統の発信を促し、動きやすい体(=動的柔軟性)を得ることができます。

股関節

体重移動が出来ないと遠心力が生まれない!股関節が硬いとリバースピボットになるため、ボールにパワーが乗らず失速し、飛距離が落ちます。スイングで大きな遠心力を生むには、柔らかい股関節が必要です。

肩甲骨

無駄なリキみが飛びのじゃまをしている。肩甲骨まわりが硬いと、バックスイングで上半身がリキみ、スクエアなインパクトができず、方向性が定まりません。結果、平均飛距離もダウン。

こんな方に

horureru_06